自然治癒力を高めることで健康サポート☆彡
ボディケアセラピスト土屋(箕浦)陵子です
リフレクソロジー、カイロプラクティック、タイ古式マッサージ、筋膜リリース、アロマリンパトリートメント、ヨガ、ダイエットコーチングで自然治癒力を高めるサポートをしています。
コロナに打ち克つため、皆さんの自然治癒力が最適な状態で保たれるよう少しでもお役に立てれば、との思いからリフレクソロジーについてお話しています。
今日からは、具体的に1つ1つ特定の反射区を取り上げ、反射区の位置をより正確に捉えて頂きながら、「こんな時はここ押しましょう!」とセルフケアにご利用して頂けるようなお話をしていきますね。
リフレクソロジーセルフケア
実践編①
昨日・一昨日の投稿で、身体の中の臓器等が足裏に「反射区」としてどんな風に配置されているのか、ざっくりイメージして頂けましたでしょうか。もう少し分かり易いように、今日は実際の足裏(左足)にガイドラインを描いてみましたので参考にして下さいませ。
今日は何はともあれ
“自然治癒力・自然免疫力”を良い状態に保つために・・・
まずは指先側から2本目の横線(よく見えませんが、指の付け根に1本目の横線が描いてあります)に示される「横隔膜のガイドライン」に働きかけたいです。というのも、自然治癒力・自然免疫がきちんと働くにはストレスが緩和されリラックス出来ていることが大切だからです。横隔膜とは、腹腔と胸腔との境となる筋肉性の膜で、横隔膜が収縮・弛緩することで腹式呼吸が行われます。横隔膜が柔軟に伸縮出来れば深い呼吸につながり、深い呼吸は副交感神経を優位にしてくれるので、結果リラックスした状態を促進してくれます。日頃からこの横隔膜ガイドラインを押す習慣をつけて頂けると嬉しいです。因みに、自然免疫にとって重要な役割を担っているマクロファージ(大食細胞)の大敵は”ストレス”だそうです。こういった点からも、リラックス出来ていることの大切さを分かって頂けると思います。
次に働きかけたいのが、3番目と4番目の横線の間のエリアにある「腸の反射区」です。赤色で斜線が引いてある部分です。体内にある免疫細胞の約70%が腸に存在しているので、腸の状態を良い状態に保つことはつまり自然治癒力を良い状態に保つことに繋がると言っても過言ではありません。このエリアも満遍なくしっかり押してあげて下さい。


肩こり・頭痛などお身体のお悩みは岡崎市のHelianthus<ヘリアンタス>へどうぞ
*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

トータルボディケアサロン Helianthus<ヘリアンタス>

電話番号: 080-1551-1967
営業時間: 9:00~21:00 ※最終受付19:00 / 不定休
住所:    愛知県岡崎市鴨田町池内42-4

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*